ゼネラリスト一思考

私が社会人になった頃は、一般的に組織人としてはゼネラリスト志向が一般的であったと思われる。戦前から戦後高度成長直前まではそのような潜在意識があった。政・官・財界を俯瞰しても、トップは殆どが法・経で、スペシャリストの技術系、専門系トップは極めて少なかった。安岡正篤先生は「専門バカになるな」、科学は「枝学問」だと言われた。易の哲学では本質の幹から分化し分化するのが枝葉である。科学は本質から分化し、分化した枝葉だと洞察するのもあながち間違いとは言えない。

人間集団の統治には理屈だけでないものがある。感情を持つ人間に枝学の理屈だけでは統御が難しい。人文を心得なくては難しいものがある、だからゼネラリストが適していると言うのも一理がある。      

技術革新の時代が到来して既に半世紀、圧倒的に技術者・専門家の時代となった。専門家が人間集団のトップとなり統治者となってきたからと言えば語弊があるかもしれぬが、私どもの年代から見れば慮外のトップが出現している。人間集団の統帥者には人文が殊の外に、今日的に必要不可欠と思うのもあながち間違いではないのではないか。人間集団の統御には殊の外、人文が不可欠なのである。現在、このような事を指摘する人間は居ないようであるが、まんざら間違ってはいないのではないか。人間統御には、人文の素養、経験、即ち人間的研鑽は殊更に不可欠であることを再認識したい。

       平成301

    徳永日本学研究所 代表 徳永圀典

    鳥取木鶏会    会長 徳永圀典

        http://www.ncn-t.net/kunistok/