鳥取市近郊の山々 もくじ 1 2 3 4 5 6 7 8
鳥取市近郊の山々 (1)鳥取市内およびごく周辺
鳥取市から日帰り登山が可能な山を紹介しています〜

久松山(きゅうしょうざん263m):鳥取市街の北部にあり、鳥取市を象徴する山。鳥取城跡など名所旧跡に囲まれている。鳥取城跡から登ることもできるが、山歩きを楽しむなら、おおち谷公園から本陣山に登り、さらに久松山山頂へと向かうのがよいだろう。写真は桜満開の頃の久松山。
千代川越しに望む久松山
霊石山(れいせきざん):鳥取市の南隣の河原町(2004年鳥取市に合併)にある。ハンググライダー、パラグライダーの基地として有名。鳥取平野が一望できる。山頂まで車で登れるが、健康のため、歩いて登ってみよう。山頂で食べる弁当は美味しいはずだ。


空山(そらやま):地元の小学生が遠足に行くくらいで、あまり知られていない。旧鳥取市南部の比較的低い山。山頂は鳥取放牧場と果樹園で占められている。2005年にはここに3つの風車がたてられた。
空山の展望台からは鳥取の町が見渡せ、ながめはよい。ただし、夕方から朝までは立ち入りができない上、牛舎付近には大きな犬が放し飼いにしてあるから注意。人が来るのを拒んでいるかのような山だ。
三角山(みすみやま500m):JR因美線用瀬駅のすぐ正面に三角形にとんがった山。頂上には三角山神社があり、千代川(せんだいがわ)と用瀬(もちがせ)の町を見渡すことができる。
春に三角山に登ればたくさんのツツジ(ミツバツツジか)、山桜、アセビの花が美しい。
牛臥山(うしぶせやま728m):智頭町の中心街のすぐ裏手にあるなだらかな山。智頭中学校の裏手から林道を車で上れば、中腹あたりに駐車場がある。そこから山道を歩けば、途中の展望台からも山頂からも、智頭の街が一望できる。春にはスミレ、フジなどの花が咲き乱れている。
高山(たかやま1053m):河原町の三滝の上にある山。安蔵・河原から三朝町に抜ける林道脇に登山口がある。そこに車をおけば、約1時間で山頂に到着する。山頂から北側の眺めは良好で、目の前に鷲峰山をみる。その向こうには日本海が。春には群生するショウジョウバカマを鑑賞することができる。

HOME 次へ