当院における感染対策

 感染症にはいずれかかるもの。とは言っても、できるだけかかりたくないし、病院に行って病気をもらってしまうのはいやですね。また、予防できる病気は予防したいですね。私たちは法令で定められていることは当然として、他にも以下のような感染防止対策をとって、皆様が安心して受診していただけるように努めています。
 特にインフルエンザ流行期においては皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

(1)待合室を2つに分けています。
  こちらは風邪などの一般的な感染症の人の待合室。
  こちらは感染症のない人の待合室で、主に予防接種や健診に来られた方に使っていただいています。
(2)水ぼうそう、おたふくかぜなどの伝染性疾患用の診察室
  玄関のすぐ横にあります。
(3)伝染性疾患用の簡易診察室をもう1つ作りました。(2009.8)
(4)玄関近くの洗面台。お子様が手を洗えるよう高さを低くしています。
  玄関には手指消毒用のアルコールを設置。
(5)待合室にはおもちゃを置かないようにしています。
(6)携帯電話などのオンライン受付により、院内での待ち時間を短縮(2007.8)
(7)スタッフによるドアやドアノブなどの消毒。床の掃除など
(8)待合室の換気。時々窓を開けて空気を入れ換えます。
(9)マスクの自動販売機を設置しました。(2009.8)
(10)空気清浄機を設置しました。(2009.9)
(11)患者様のご協力が不可欠です
 いろいろやってもこれで完全というものはありません。患者様同士の配慮も大切です。咳エチケット(咳をするときは手などで口を覆う、マスクを着用する)、伝染性の病気を疑って受診されるときはあらかじめ電話を入れ、玄関外のインタホンを鳴らして、来院をお知らせください。
 マスクの着用をお願いすることもあります。
 お帰りの時は、水道水による手洗い又は消毒液による消毒をお願いします。