2017年

 感染症の流行状況 
管理者の印象に基づいて書いています
2017 2016
2015 2014 2013 2012 2011 2010 2009 2008
 2007 2006 2005 2004 2003 2002 2001 2000
2017.10.29 胃腸炎が多くなってきました。マイコプラズマ肺炎が目立ちます。アデノウイルス感染症は少なくなりました。
2017.10.7 アデノウイルス感染症が流行中です。胃腸炎も散見されます。マイコプラズマ肺炎も多いです。
2017.9.1 RSウイルス感染症の流行は静まってきましたが、まだ一部にはみられます。アデノウイルス感染症の流行がみられます。マイコプラズマ肺炎、溶連菌感染症も散見されます。
2017.8.17 RSウイルス感染症が大流行中です。アデノウイルス感染症(咽頭結膜熱、流行性角結膜炎も多いです)。マイコプラズマ肺炎も散見されます。
2017.7.31 6月末から散見されたRSウイルス感染症が,季節外れの大流行を起こしています。手足口病は減ってきました。
2017.7.24 手足口病、夏かぜが流行しています。
2017.7.2 溶連菌感染症、手足口病が流行しています。おたふくかぜ、アデノウイルス感染症、胃腸炎、水痘も散見されます。
2017.5.22 おたふくかぜ、アデノウイルス感染症、溶連菌感染症、ウイルス性胃腸炎が流行しています。
2017.5.9 4月下旬からインフルエンザB型の流行が少しみられましたが、ゴールデンウィーク以後はインフルエンザはA、Bともに流行は終息した模様です。胃腸炎の流行がみられます。アデノウイルス感染症、マイコプラズマ感染症、おたふくかぜが散見されます。溶連菌感染症の流行はだらだらと続いています。
2017.4.13 インフルエンザは少なくなりました。おたふくかぜ、溶連菌感染症の流行が続いています。胃腸炎が多くなってきました。アデノウイルス感染症、ヒトメタニューモウイルス感染症が散見されます。また、昨年からマイコプラズマ肺炎の小流行が続いています。
2017.3.27 インフルエンザAは少なくなりましたがまだ流行は続いています。おたふくかぜ、溶連菌感染症が流行しています。
2017.2.27 インフルエンザA、溶連菌感染症、おたふくかぜが流行しています。この数日胃腸炎が多くなりました。
2017.2.14 インフルエンザAの流行が続いています。溶連菌感染症も多いです。アデノウイルス感染症も散見されます。ただし、記録的大雪の影響もあり、待合室は閑散としています。
2017.1.24 インフルエンザの流行が本格的になってきました。おたふくかぜ、溶連菌感染症、胃腸炎が散見されます。年末まで続いたRSウイルス感染症は年明けから影を潜めています。
2017.1.10 まだ多くはありませんが、年明けからインフルエンザの流行が始まりました。休み明けのせいか、感染症は少ないです。しかし、年末に引き続き、おたふくかぜ、胃腸炎の流行は継続しています。