2018年

 感染症の流行状況 
管理者の印象に基づいて書いています
2018 2017 2016
2015 2014 2013 2012 2011 2010 2009 2008
 2007 2006 2005 2004 2003 2002 2001 2000
2018.11.9 今月2日に今期初めてのインフルエンザ患者を確認しました。一部の園でA型の流行が起こっています。RSウイルス感染症、溶連菌感染症が散見されますが、感染症一般は少なめです。
2018.10.25 流行性疾患は少ないです。溶連菌感染症が散見されます。
2018.9.30 一時減少していたRSウイルス感染症が再び増加してきました。溶連菌感染症もみられます。
2018.8.22 RSウイルス感染症が流行しています。6月末くらいから流行が始まり、現在も続いています。この夏は発疹を伴う夏かぜも目立ちます。全体としては感染症は少ないです。
2018.7.20 感染性胃腸炎の流行はやや下火になりました。アデノウイルス感染症もやや少なくなりました。夏かぜが増えてきました。
2018.6.21 感染性胃腸炎が流行しています。アデノウイルス感染症の流行はやや下火になりましたが、まだつづいています。
2018.5.18 一部地域でインフルエンザが流行しています。感染性胃腸炎が多いです。アデノウイルスも流行しています。溶連菌感染症も比較的多いです。百日咳が散見されます。
2018.5.14 感染性胃腸炎が流行しています。溶連菌感染症、アデノウイルス感染症もみられます。
2018.4.19 感染性胃腸炎が流行中です。溶連菌感染症、ヒトメタニューモウイルス感染症が散見されます。一部地域でインフルエンザがみられますが流行はほぼ終息しました。
2018.4.3 インフルエンザの流行はほぼ終息しました。今感染症は少ないです。感染性胃腸炎、ヒトメタニューモウイルス感染症が散見されます。
2018.3.16 インフルエンザは少なくなりました。溶連菌感染症、感染性胃腸炎が散見されますが、多くはありません。
2018.2.15 インフルエンザが流行中です。B型の方が多いです。溶連菌感染症、感染性胃腸炎も散見されます。
2018.2.1 インフルエンザが流行しています。A型、B型が同時に流行中ですが、このところB型の方がA型を上回ってきました。
2018.1.18 新学期の始まりとともにインフルエンザが急増してきました。今期はA型とともにB型の流行もみられます。感染性胃腸炎、RSウイルス感染症も散見されます。