青谷元唄貝がら節物語

 「貝がら節」の名前が広まったいきさつ

鳥取の貝がら節が日本的に有名になったのは、昭和8年頃、各地で----音頭か゛流行し、この流れに
乗って浜村温泉を宣伝するために、駅前の上田レコード店が発起人となり、松本穣葉子(作詞者)、
三上留吉 (付小の音楽の先生)ら数名が「旅館たばこや」に集まり、


  

A面に浜村小唄を作ったものの、B面をどうするか悩 んでいた時、穣葉子が口ずさんだ貝がら節が
きっか けとなって、B面が貝がら節となったようである。洋楽方法では採譜出来ず困っていた時、
たばこ屋の女将、鈴木キヨが歌った唄が元になったようである。言い伝えによると、貝がら節と
地引網の時の「ぶりこぎ唄」が ミックスして出来たものらしい。歌詞の内容からして「貝がら節」と
命名されたようである。
レコード化された後、この歌が、のど自慢大会などでいい成績を見たことで一躍脚光を浴びた。

※参考----
浜村海岸は遠浅の砂浜で、小さな川(勝見川)があるだけで、漁船を停泊させる勝ち見川も海からの
砂で浅くなり、一人〜二人乗りの漁船しか使えないので、地引網漁業が主体であった。
地引網の時に「ぶりこぎ唄」が歌われていた。
「ぶりこぎ」とは、網を引く時、トモ綱に脇綱をつけて引く時、腰に板をつけて後すだりしながら引くので
あるが、この背板の事をブリ板といい、右左呼吸タイミングを合せるために唄われた唄である。
時代は不明だが、浜に右左に「かぐらさん」を置き左右4人づつで綱を巻き取る方法が考え出されて、
これも歌われなくなった。

   女の人の腰に付けている物     奥と手前で15〜20人で引いている、手前の物がカグラサン

  

これらの経緯については、浜田英一、鈴木恵一、鳥大の中山明慶、方々の研究内容似る。

 「貝がら節」の貝は
 板屋貝です。
多くの人が帆立貝と思っているが、これは間違いです。浜村の貝がら節が余りにも有名で、その歌詞の
中に「帆立貝なら帆立てて行こうよ、わたしゃ、あなたに身を立てる(義理)」とあり、この歌詞が帆立貝に
してしまった。これはお座用文句で演歌の世界である。帆立貝は、寒流のみの生息で新潟北部より北が
生息です。貝がら節発祥の鳥取山陰海岸は暖流で帆立貝の生息はありませんが外観が非常によく似て
おり、素人では一見、見分けが出来ない為、間違えたのかもしれません。
中世、青谷湊が北前船の寄港地であったため、北の帆立貝の話が船乗りによって浜村温泉にもたらされ、
地元に近い船磯で水揚げされる板屋貝の蓋を、北前船の帆に見立てて、この様な貝名と人情をもって
歌われたのではなかろうか?帆立貝、板屋貝いずれにしても、蓋を帆代わりにして移動しません。水中で
海水をジェット噴射させて、一回 1〜2メートル移動します。 
  


 板屋貝の名前の由来

1752年潮津神社の宝箱製作の時、棟板に「板屋九兵衛」の名前があることが、青谷町史に記載されて
おり、この当時、苗字が有る事は、地域の有力者であり、板屋貝の名前に何らかの関わりが大きくあった
と思われる。

 

板屋貝の正式名称が出てくるのは、1823年の板屋貝漁業製造販売改革書からである。
これ以前は地元で、煮たり焼いたりして食していたが、この頃、山田与五郎らが貝柱を乾燥して、
長崎経由中国輸出が始まっている。漁獲量と売り上げが伸びる事に着眼した鳥取池田藩は、漁獲量に
比例して加税しており、それに合せて鋤簾のサイズが

  
1メートルから4〜5メートルに大きくなって行き、鋤簾を引く、櫓こぎの辛さを歌で紛らわすために歌われ
だしたのが貝がら節である。


 貝がら節の旋律

各地に貝がら節が残っているが、地域によってそれぞれの状況に似合った様な旋律や、歌詞である。
青谷が一手に加税を負わされていたのか、青谷の水揚げが常に一番多く、歌の旋律や歌い方が、
重労働に耐えてる様である。


 
貝がら節のお囃子

神功皇后などのお墓を造営した日置族を先祖に持つ青谷地区は、相屋神社のお祭りお囃子言葉が、
そのまま使われている。



   ヤサホーエイヤ----漁師(氏子)が沢山取れて、豊に栄えますように。
   ホーエヤエイエイ---曳き奉りますから益々栄えてください。
   イヤサカサッサ----神功皇后も益々、栄えますように。
   ヤンサノエイエイ---漁師(氏子)が安全で益々栄えますように。
   イヤサカサッサ----神功皇后も栄えてください。


これらの囃子言葉を古事記、日本書紀に習って漢字にして見ると、

漁師豊栄哉  奉曳哉栄栄  弥栄サッサ  漁師栄栄  弥栄サッサ


※サッサは協調語である

相屋神
社については「青谷ロマンと貝がら節」で詳しく書いていますので見てください。

各地、橋津、泊、浜村、賀露にも貝がら節が伝わっているが、青谷は---「イヤサカサッサ」のお囃子に
対し、これら4地区では---「ヨイヤサノサッサ」である。これは相屋神社の本祭りが、50年に一度である為
と考えられる。4地区の---「ヨイヤサノサッサ」は、毎年ある、子供神輿の囃す言葉である為、近隣に
伝わりやすかったと考えられる。
この事から青谷貝がら節を「元唄貝がら節」としている


 青谷貝がら節について

貝がら漁は、昭和4年を最後に、山のように取れていた板屋貝の水揚げが無くなりました。
それまで各地で、漁に合せて歌われていた貝がら節は歌われなくなりましたが、

  
地域によっては、盆踊り、お祭りなどで歌い継がれていました。

貝がら漁は昭和4年では、すでに動力が取り入れられ、この頃すでに、実際の作業においては、ほとんど
歌われておらず、前回の板屋貝が多量に水揚げの在った大正中期の頃でも「カグラサン」を船に乗せ、
鋤簾の綱を巻き取っており、当時働いていた15から20歳代の方々は、貝がら漁で生計をたてていた人も
無くなり、この人達も高齢者となり、他界され、貝がら節を歌われ無くなっている。平成17年保存会を
立ち上げるまでは、歌われていません。
現在の元唄貝がら節は、賀露の浜沢長三郎氏が昭和30年後期から歌出だした歌に、青谷の人が昔、
子供の頃の記憶で、一部修正して青谷貝がら節として保存会の歌としています。
浜沢長三郎氏は、魚の行商の傍ら、山の大木を買い付け売買する仕事のおり、双六原の「田中定一」宅
で、「浜村貝がら節や賀露のホーエンヤ貝がら節をよく歌っていたが、昭和30年頃より現在の
浜沢流貝がら節を歌われだした」と鳥取にお嫁に来られている石田昌子さんの話である。
この年、青谷の相屋神社が、50年一度の本祭りが行われています。


※動画「青谷元唄貝がら節」

鳥取大学の中山明慶先生の貝がら節考の草野妙子氏が、当時の浜沢長三郎氏の唄を採譜されており、
現在の保存会の唄の採譜と比較すると、キーの高さが2ヶ所、一音程度の違いである、のり(テンポ)の
部分に違いが少し見られる。

譜面を比較して見よう。


下記は中山先生採譜の浜沢節           下記は多くの校歌を作曲された旧姓神谷照枝氏採譜



参考 1
賀露のホーエンヤ貝がら節について賀露神社の岡村宮司の話によると、唄の節回しは、賀露神社の
禰宜唄に貝がら漁の歌詞が着いたが、いつ出来たかは不明です。間のお囃子にヤーレ巻いた
ソーレ巻いたとあるから、早くから「カグラサン」を船で使っていたのではと考えられる。

参考 2
賀露のホーエンヤと言う言葉は、賀露神社の話によると735年、吉備真吉備が遣唐使帰国の際、
鳥が島に漂着し、賀露の漁師が船を漕いで助ける時の掛け声であるとの事で「引き奉る」と言う意味の
掛け声である。


もう少し詳しく知りたい方は、「青谷ロマンと貝がら節」をどうぞ!