長引くむち打ちの症状

2007726日付け

日本海新聞「健康何でも相談室」寄稿をベースにまとめてみました。


【質問】

43歳女性(事務職)。

10年前に車の追突事故でむち打ちをしてから、毎日肩こり・首のだるさがあり、ひどい時は頭痛がします。最近、どんどんひどくなり、整形外科受診。頚椎に変形があると言われ、それまでは注射をしてもらったところ、今までマッサージや鍼治療では全然取れなかった首や肩の痛みが楽になりました。しかし4日程度するとまた痛みが出てきたので再受診したところ、いつも打つ注射ではないので、出来ないと言われました。(注射後の安静は取らず、すぐ帰宅しました。)どの間隔で打つのがいいのでしょうか。また、続けて注射をすると何か副作用があるのでしょうか。他に良い治療法はないのでしょうか?


回答】

「むち打ち」症状患者様にとって大切な事は、「早期の社会復帰を実現する」と言う視点を持つことが必要と考えています。

通常その殆どが受傷後早期に治癒し、治療期間が6ヶ月を超える長期遷延例は「むち打ち」患者全体の約10%に過ぎないとも言われています。そういった背景を考えると、10年の経過は非常に長いようです。適切な治療を受けられても、症状が遷延する場合、頸椎の老化現象や脊柱管狭窄症など事故前からの原因がある可能性がありますので精査を要するでしょう。また最近では、脳脊髄液が漏れている(脳脊髄液減少症)のが原因と判明する場合もあります。そういった治りにくい場合は、かかりつけの先生と十分ご相談いただき、お近くの整形外科・脳神経内科・脳神経外科・麻酔科・ペインクリニック科へ御紹介いただくという方法もあります。


では3ヶ月以上経過している場合は、検査画像上の変化が乏しくとも、単に頚椎捻挫だけではなく初期の状態に加えて加齢変化なども伴っていると考え、対応しています。お尋ねの例も、10年を経て、頚椎症が合併し、疼痛増強のご印象が強い例のようです。


                                                急性期〜亜急性期の疼痛治療の柱は、

                                            @薬物療法A非観血的鎮痛法B神経ブロック療法に

                                            大別できます。薬物療法ではどの薬に効果があるか

                                            薬効テスト施行を含めて、鎮痛薬・鎮痛補助薬を

                                            試用してみていただきます。非観血的鎮痛法では、

                                            各治療施設で設備に幅がありますが赤外線・低周波

                                            電気刺激・鍼・理学療法など体に負担のかからない

                                            治療をご提案できます。

                                                神経ブロックでは、理学所見・画像診断から

                                            原因となっている神経・筋・腱・関節などに対する目標を

                                            確定後に必要神経ブロックをご提案します。

                                               外来神経ブロックなら星状神経ブロック・頚部硬膜外

                                            ブロックなど目標神経や構造の名をつけた

                                            神経ブロックが30程度しかありませんが、レントゲン

                                            透視下神経ブロックなら、頚椎・上位胸椎のみでも

                                            椎間関節・肋横突関節・神経根・後枝内側枝・

                                            脊椎洞神経合わせて約100ヶ所あるわけですが、

                                            常時すべての箇所が疼痛の原因になっていることは

                                            極めて少なく、10ヶ所未満であることが多いようです。


例えば全部で10ヶ所治療を要すると言っても、複数箇所同時に施行しますので34回で終りますが、それでも一番痛みと関係が強い箇所は、1ヶ月以上経過してから再施行する場合があります。2〜4週間程度で初期の神経ブロック治療を、なるべく早く@のみ、あるいは@+Aへ切り替えて行き、極たまに出現する急性増悪期にのみBを追加しています。こうした積極的治療後も症状が一進一退の場合は心療内科での治療を、場合によって手術的治療をご提案しなければならない場合もあります。


神経ブロックの施行頻度に関しては、成書に示されているような適切な頻度はありません。ただし、神経ブロックは、体に針を刺すという、侵襲的治療行為であり、その治療行為そのものが、ほんのわずかな末梢神経に当たってしまうなどのことで、神経損傷と難治性疼痛を引き起こしてしまう場合が稀にあることは古くから知られていることですから、熟練の先生方でも細心の注意を払って、神経ブロックを承っているというのが現実でしょう。

また神経ブロックに多用されるステロイドという消炎剤は、何度も何度も長期間、漫然と使いすぎてしまうと元々体で作っているホルモンなので、体が作らなくなるという厄介な状態を作ってしまったり、胃炎や耐糖能異常、免疫機能低下などの副作用を惹起するので、連用は避けるのが基本です。いつも打つ注射ではないと言われたのはこのためでしょう。一方、局所麻酔薬のみですと、こういった副作用はありません。赤あざや青あざが出来ているといった注射そのものが良くない状態でないかぎり、状態に合わせて施行できる場合があります。そこは日ごろかかりつけの先生なら調子を良く分かっていただけているので安心ですよね。その日の状態を、ご受診の先生に十分伺ってみてください。

 

 

 

 

 

 

 


鳥取ペインクリニック

トップページへ戻る

'痛みでお悩みの方'へ

戻る