鳥取木鶏会 平成30年度 例会記録

平成30年1月   安岡正篤先生の言葉    人間として   仮想通貨に関して  
   激動の金融界    国難的難局に際して  「敵とは」 徳永の「一提言」  
   安倍総理の存在は「国益そのもの」        
 平成30年2月  西部すすむ「一思考」    今こそ明治150年前に学べ  経済の情勢  
   見えて来た仮想通貨の世界的認識   アベノミックスを考える   閑話休題   
   素直に「憲法」を考える    やましき沈黙――東京裁判に思う     
 平成30年3月 「安岡正篤先生の言葉」 徳永圀典選        
  再び、素直に「憲法」を考える    米中・米ソ冬の時代到来 身構えよ日本―  恐るべき在日中国人の動向  
 平成30年4月
2日
 中国を考える    新帝国主義の時代到来  安岡正篤の言葉 4月例会    
   アベノミックス功罪
   日本の限界と妙手    
 平成30年5月7日  これが、立憲民主党の本質だ!!!
枝野党首の偽善!!
   官僚トップの不祥事に「戦後教育の欠陥露呈す」
上に立つ者の在り方不在―
 国に矜持を持つ人間  
   約束は無効と覚悟せよ」 福沢諭吉が見抜いた韓国の本質    世界随感    
 平成30年6月4日  地に落ちたサムライ日本 日大監督ほか    中国の意図  徳永の「歴史寸描」沖縄問題  
   徳永の「駆け足・中国史」    朝鮮半島に思う 中国の経済構造研究   
 平成30年7月2日  こんな野党はいらない    徳永の「世界趨勢予感」  5G 第五世代 GはGENERATION  
   経済動向    日本の将来    
 平成30年8月6日  徳永「猛暑つれづれ」歴史洞察     民主主義の非効率は亡国的!!   徳永のアンテナ―アメリカ弱体化により世界は大きく変動中――  
   戦後の終焉    宗教を考える   自然淘汰  
   トランプ作戦に思う    歴史と摂理
   
 平成30年9月3日  徳永の「世界管見」    世界金融市場と日本の立ち位置  歴史家と申せぬ「偏向そのもの歴史眼の保坂正康  
   徳永の「資本主義を考える」
現代資本主義は、重大な歴史的挑戦を受けていると言える、四つの問題点を提起
   立憲民主党・枝野党首の「ゆゆしき問題」    
 10月1日  意外に知らない尖閣問題の原因
   リーマンショックに思う  産業安全保障に懸念  
   アベノミクス総括 平成30年10月1日    安倍内閣の支持率「一考」  名官房長官・菅義偉氏  
  アメリカの手法     独・仏の近現代史  世界は静かにトランプに拍手している  
 11月5日  破綻が到来するか!     徳永の「管見」11  国家と国益  
    冷戦へ急拡大している    徳永の「金融論」とロスチャイルド